UPS本体の廃棄方法が知りたい(Trade-UPS Program)

質問

不要となったUPS本体はどのように廃棄すればよいですか。

回答

シュナイダーエレクトリックの「Trade-UPS Program」をご利用ください。「Trade-UPS Program」は、APC(シュナイダーエレクトリック)製UPSを購入していただいた場合、今まで使用されていた古いUPS(引き取りUPSのブランドは問いません)を引き取るサービスです。
APC(シュナイダーエレクトリック)製UPSを購入していただいた日から3ヶ月以内のお申し込みが必要で、引き取りUPSの送料を無料にするには製品ユーザー保証登録が必要です。また、引き取りができるUPSの台数や容量に制限がございます。
詳細は以下のページをご参照ください。

「Trade-UPS Program」の適用対象期間はAPC(シュナイダーエレクトリック)製UPS本体のご購入日から3ヶ月以内です。3か月を経過すると承ることができません。不要となったUPS本体は産業廃棄物のため、管轄の自治体が指定する廃棄方法で処分をお願いします。
ただし、バッテリーは特別産業廃棄物のためシュナイダーエレクトリックが回収します。使用済みバッテリー回収のお申し込み方法は以下のリンク先ページでご確認ください。

このページの内容でお客様の問題は解決したでしょうか?

Shop APCではお客様のお役に立つ、より良い情報を適切にお伝えしたく思います。
よろしければ以下のアンケートにご協力いただけると幸いです。

問題の解決

情報の評価

公開日
最終更新日