UPS本体の保障と保証について知りたい

質問

UPS本体の保障と保証とはどのような内容ですか。

回答

UPS本体の保障について

UPS本体には無償の保障期間が2年間(大型UPSは例外があります)あります。バッテリーなどの消耗品も対象であり、保障期間内の2年間のうちにバッテリー交換LEDが点灯してテクニカルサポートにてバッテリー交換が必要だと判断した場合、無償での交換ができます。

UPS本体の保証について

機種によっては保証期間を「3年間」「5年間」「6年間」「7年間」(6年間・7年間は一部機種のみ、7年間はバッテリー予防交換がついています)に拡大したモデルがあります。内容は「無償保障と同様」と「オンサイト」の2種類があります。

無償保障と同様
交換UPSと既存UPSをお客様ご自身でお取り替え
オンサイト
交換UPSと既存UPSをシュナイダーエレクトリック社のエンジニアがお伺いして取り替え

購入後に保証サービスのみを1年単位で購入日から5年先まで延長する手続きもできます。詳細は以下のページをご参照ください。

保証期間経過前にシュナイダーエレクトリックからお客様に保証期間延長手続きについてのご案内を差し上げます。

このページの内容でお客様の問題は解決したでしょうか?

Shop APCではお客様のお役に立つ、より良い情報を適切にお伝えしたく思います。
よろしければ以下のアンケートにご協力いただけると幸いです。

問題の解決

情報の評価

公開日
最終更新日