UPSの定期交換について知りたい

質問

UPS本体も定期的な交換が必要ですか。

回答

UPS本体も定期的な交換が必要です。理由は以下のとおりです。

UPSにも寿命があります
UPSは内部にバッテリーを搭載し、24時間通電している機器であるため、日本電気工業会による指針にて耐用年数が定義されています。
UPSの容量 耐用年数
10kVA未満 5~6年
シュナイダーエレクトリックの保守サービス提供期間
上記指針を元に5年間の提供とさせていただいています。
耐用年数、寿命期に達したUPSは安定性や信頼性の低下が懸念されるため、「安全のためのUPS」としての意味がなくなってしまいます。

このページの内容でお客様の問題は解決したでしょうか?

Shop APCではお客様のお役に立つ、より良い情報を適切にお伝えしたく思います。
よろしければ以下のアンケートにご協力いただけると幸いです。

問題の解決

情報の評価

公開日
最終更新日