UPS

「UPS」とは?

UPSとは、「Uninterruptible Power Supply」の略で、日本語では「無停電電源装置」と訳します。コンピュータ機器には商用電源(AC電源ともいい、電力会社が供給し、壁などのコンセントから供給される電力)が必要です。停電などの電源障害が発生した際に、バックアップ電源を供給し、コンピュータ機器のデータ損失やハードディスクの破損を防ぐ装置です。

電源障害によって、システムがダウンすることでさまざまな業務がストップすることとなり、企業活動に深刻な打撃を与えかねません。ここで重要となるのが、システムのアベイラビリティ(可用性:止まることなく、常に利用できる状態にあること)です。APC製UPSのラインナップの中には、電源管理ソフトや専用アクセサリを利用できる機種もあり、併せて使用することにより、OSの自動シャットダウンやネットワーク経由で電源環境の監視・管理を行うことが可能になり、高いアベイラビリティを提供しています。


UPSの必要性

電圧低下・瞬時停電・電圧変動などのさまざまな電源障害は、ハードウェア損傷、データ損失・ファイル破壊などを引き起こし、これらのシステム障害の復旧には膨大な時間と費用を要します。

LAN・インターネットなど情報通信機器の普及により、ネットワーク全体のアベイラビリティが重要となってきています。ネットワークシステムの停止は物的損害だけでなく、ビジネス機会の損失や信用の失墜など、より大きな問題へと発展していく危険性を含んでいます。こうした事態を未然に防ぐためにUPSは欠かせないのです。

UPSを使用していない場合

ハードウェアの損傷、データの損失、キーボードのロックアップなどさまざまな障害にみまわれ、最終的にはシステム全体のダウンにつながります。

UPSを使用している場合

安定した電力供給を開始!
UPSがコンピュータ機器やデータを守ります。
また、UPS電源管理ソフトウェア(PowerChuteファミリ)や、アクセサリ製品をUPSと合わせて使用することでOSの自動シャットダウンや遠隔地からUPSのオン/オフ/リブートなどが可能となります。

*対応できるソフトウェアやアクセサリ製品はUPSの機種によって異なります。


UPSの選択
APC CS APC ES
APC ESシリーズは、家庭およびSOHOのコンピュータ、インターネット環境に最適な、使い易くお手頃なUPSです。
バッテリーバックアップ、サージ保護機能により、電源障害によるトラブルを未然に回避し、大切なPC、通信機器、回線 そしてデータを守ります!
APC ES APC RS
APC RSは、新しく搭載された液晶LEDにより瞬時にUPSの状態を把握することができ、AVR機能によりバッテリーを使用せず電圧を自動調整することが可能です。また従来のUPSに比べ省電力化され環境にやさしい仕様になっております。はじめてUPSを導入するお客様にお勧めの一品です。
Smart-UPSシリーズ Smart-UPSシリーズ
Smart-UPSは、様々な電源トラブルを取り除き、PCサーバ・UNIXサーバ・ネットワーク機器等のシステム全体にクリーンかつ高品質の電源供給を約束し貴重なデータの消失を防止します 。 さらにソフトウェアやUPS機能拡張アクセサリがもつ先進のPowerManagement機能により管理性を向上し、TCOの削減、高可用性の実現に貢献します。
卓越した信頼性を提供し、圧倒的支持を誇ります。
Smart-UPS RT Smart-UPS RT
「Smart-UPS RT」は、業界標準UPS 「Smart-UPSシリーズ」の小-大容量UPSとして位置付けられ、小-大規模システム(複数台のサーバ、ネットワーク機器にて構成されたシステム)、また高い信頼性を求められるシステムの電源保護に最適な常時インバータ方式UPSです。また、業界最軽量、スリムなボディを実現し、別売りの「Smart-UPSRT用レールキット」を使用すれば、19インチラックへの設置も可能です。