「BCN AWARD 2016」受賞!

シュナイダーエレクトリックは「BCN AWARD 2016」のUPS部門において、メーカー別販売台数で43.0%という圧倒的なシェアを獲得して最優秀賞を受賞しました。最優秀賞は2009年からの8回の選考で7回目となる栄えある受賞です。

「BCN AWARD」とは

「BCN AWARD」は、全国の量販店のPOSデータを日次で収集・集計した「BCNランキング」に基づき、パソコン関連・デジタル家電関連製品の年間(1月~12月)販売台数第1位のベンダーを表彰する賞で、IT業界の発展に寄与することを目的としています。選考にあたっては、複数人の学識者からなる認証委員会を設置し、第3者が公正な選考を検証できる仕組みを設けています。

「BCN AWARD 2016」最優秀賞受賞までのシュナイダーエレクトリックの取り組み

シュナイダーエレクトリックのUPSは個人向けと法人向けのラインナップが充実しているほか、世界初のモバイルバッテリー搭載UPSも揃えています。

パーソナルユース向け
APC RS 400(BR400G-JP)
ビジネス向け
Smart-UPS 500 LCD 100V(SMT500J)
モバイル向け
ネットワークバッテリバックアップ+モバイル電源パック(BGE50ML-JP)

お客様からのご要望が多かった正弦波出力機能の対応をエントリーモデルにまで拡大しました。また、ECサイトのランディングページでUPSの機能をわかりやすく説明して、有用性を訴求することで新たなお客様にご利用いただくことができました。
お客様の声を拝聴し、顧客満足度の向上に注力したことが功を奏して最優秀賞を受賞させていただいたと感謝しております。

UPSのマーケットリーダーとしての今後の取り組み

新たな分野への進出として世界初のネットワークバッテリバックアップ+モバイル電源パック「BGE50ML-JP」が代表製品として挙げられます。自宅ではネットワーク機器向けUPSとして、外出時にはモバイルバッテリーとしてマルチに活躍します。家庭でも通信インフラの継続利用が重要視され、さらに外出時にモバイル機器を長時間利用するニーズにマッチする製品です。
今後はIoTに代表されるように、さまざまな機器がネットワークにつながるようになり、利用シーンのさらなる拡大の可能性も秘めています。
シュナイダーエレクトリックはこれからもUPSのリーディングブランドとして、法人・個人問わず、安定した電力環境を提供してまいります。