ソフトウェア

    PowerChute

    UPSの必需品である管理ソフトウェアPower Chuteは、停電時のOSシャットダウンをはじめ、スケジュール設定・電源イベント分析・UPS状態監視・メールアラート通知といったマルチな機能で効率的な電源管理を実現できるソフトウェアです。
    対応APC社製UPS Smart-UPS シリーズ
    Smart-UPS RT シリーズ
    Symmetra シリーズ
    接続方法
    (UPS、サーバー・PC間)
    ネットワーク通信(TCP/IP Protocol)
    インターフェース Webブラウザを使用
    選定ポイント
    • 1台のUPSに接続するサーバーが3台以上の場合
    • ブレードサーバー構成
    • 仮想化プラットフォームVMWare・Hyper-Vの場合
    • 冗長電源をとった構成
    • SMT/SMXシリーズで複数台のサーバ(PC)の電源管理
    対応OS情報 Windows & Linux Virtualization Specialized OS
    対応OSの最新情報は「PowerChuteシリーズ 対応OS表」をご覧ください。
    必須オプション Network Management Card 2
    AP9630J
    AP9631J
    対応OS製品型番 Windows & Linux Virtualization Specialized OS
    1 node 5 node 1 node 5 node 1 Node 5 Node
    SSPCNSWL1J SSPCNSWL5J SSPCNSV1J SSPCNSV5J SSPCNSSP1J SSPCNSSP5J
    ※ソフトウェアはダウンロードによる提供です。CD-ROM等のメディアは含まれていません。ダウンロード方法の詳細はページ下部で説明しています。
    ※シャットダウン対象のサーバー数分のライセンスが必要です。
    対応APC社製UPS Smart-UPS SUAシリーズ
    Smart-UPS RTシリーズ(5000VA以下)
    Smart-UPS SMTシリーズ
    Smart-UPS SMXシリーズ
    接続方法
    (UPS、サーバー・PC間)
    専用シリアル通信
    ※ソフトウェアに付属しているケーブルを利用してください
    USB接続
    AP98117Jもしくは、AP9827
    専用シリアル通信
    ※UPSに付属しているケーブルを利用してください
    USB接続
    AP98117J
    インターフェース 専用コンソール
    選定ポイント
    • 1台のUPSに接続するサーバーが3台以下の小規模環境
    • USBでの電源管理を行いたい場合(接続方法については、上記の接続方法欄をご参照ください)
    対応OS情報 対応OSの最新情報は「PowerChuteシリーズ 対応OS表」をご覧ください。
    必須オプション ※サーバーを2~3台接続の場合
    2-Port Inteface Expander CardAP9624:保護サーバー用の「PowerChute Business Edition」2ライセンスをバンドルしています)
    対応OS製品型番 For Windows For Linux For Windows For Linux
    SSPCBEW1SMJ SSPCBEWLJ
    Smart-UPS 500/750専用
    (SUA750RMJ1UBは対象外)
    SSPCBEW1575J
    ※OSによりパッケージが分かれます。対応OSの最新情報はhttp://www.apc.co.jp/os_supportをご覧下さい。
    ※ソフトウェアはダウンロードによる提供です。CD-ROM等のメディアは含まれていません。

    ライセンス形態について

    PowerChute Network Shutdown・PowerChute Business Editionは、 ダウンロードにてソフトウェアモジュールを提供しています。
    ライセンスパッケージを納品後、登録サイトで各製品添付の プロダクトライセンスシートに記載のライセンスキーを入力し、 ユーザー登録に、当該モジュールをダウンロードしてご利用ください。

    ソフトウェアのダウンロード方法
    • 各製品添付のプロダクトライセンスシート記載のライセンスキーを確認。
    • Club APCにて登録メールアドレスとパスワードを入力。(初めての方は、Club APCへの登録が必要です)
    • 「ソフトウェア ダウンロード」メニューより、登録事項・ライセンスキーの入力。
    • 当該ソフトウェアのダウンロード。(SSPCBEW1575Jをダウンロードする際は、事前にSUA500JB/SUA750JB/SMT500J/SMT750Jの登録が必要です)